Dx

DX時代に必要なアジャイル型開発と組織とは

DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進が呼びかけられるなか、重要な考え方の一つが「アジャイル」です。アジャイルとは、「素早い」「俊敏な」という意味の英単語です。

システム開発やアプリケーション開発の現場ではエンジニアの周りでよく使われています。現在の市場競争に負けないためにはデジタル化はもちろん、スピード感のある変化が求められます。しかし、一般企業ではアジャイルという言葉すら知らない企業も多いのも現状です。

そこで本記事ではDXに必要なアジャイルとは何か、メリットやアジャイルを効果的に取り組むために必要なことを解説していきます。これからDXやデジタル化を進めていきたいと考えている方は、ぜひ最後まで読んでいただき参考にしてみてください。

アジャイル型開発とは

アジャイル型開発とは、ユーザーのニーズにより素早く対応するためにこれまでの開発工程を見直した、2001年に始まった開発手法です。

それ以前は、ウォーターフォール型開発と呼ばれる工程が主流でした。ユーザーの変化により、現在ではウォーターフォール型開発よりもスピード感のあるアジャイル型開発が主流になりつつあります。

以下では、アジャイル型開発とウォーターフォール型開発をそれぞれ解説します。

アジャイル型開発

アジャイル型開発は、「スクラム」や「XP(Extreme Programming)」などと呼ばれる軽量開発手法を総称する新しい呼び名です。2001年の『アジャイルソフトウェア開発宣言』が発信されたことをきっかけに、大きなムーブメントとなりました。ですので、アジャイル型開発が独立した開発手法というわけではなくそもそも存在しているアジャイル型の開発手法をまとめたものと覚えておきましょう。

アジャイル開発の特徴は、システムの機能1つ1つで「計画⇨設計⇨実装⇨テスト」をおこなうという小さいサイクルを繰り返して開発を進めます。小さいサイクルを繰り返すことで、それぞれの機能の開発を独立して進められるため、開発期間中での仕様変更の対応や開発リスクを下げることが可能です。

機能ごとに開発をおこなうためアジャイル型開発の特徴から、大規模な顧客情報を扱うようなデリケートな開発よりもニーズの変化に柔軟に対応できるような開発に向いています。

参考:「開発手法」だったアジャイルはここまで進化した 経営者のための「DX時代のイノベーション戦略」(第2回)(1/5) | JDIR powered by JBpress

ウォーターフォール型開発

ウォーターフォール型開発は、「要件定義→設計→開発→テスト→リリース」といった工程をそれぞれに区切って管理する開発手法です。

各工程には専門のエンジニアが担当するため、開発の品質を大きく求める際は非常に有効です。たとえば、大型管理システムや顧客情報を扱うような大型でデリケートなシステム開発には今でもウォーターフォール型の開発がメインで進められます。

ウォーターフォール型開発では、システムの機能ごとに開発を分担するアジャイル型開発とは違い、工程ごとに開発を分担しておこないます。そのため、テストまでの全工程が終わってはじめて顧客に納品してリリースされるため開発に時間がかかるというデメリットがあるのも事実です。

ユーザーや社会の変化に対応するスピード感はウォーターフォール型開発にはないため、開発の優先度をどこに置くかで開発手法を変える必要があるでしょう。

DXにおけるアジャイル型開発のメリットとデメリット

アジャイル型開発には以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 開発スピードが早い
  • テストから改善のサイクル速度が速い
  • ユーザーニーズに合わせた開発ができる

デメリット

  • 開発の方向性がブレやすい
  • スケジュールの把握が難しい

メリットとデメリットをそれぞれ解説していきます。

参考:アジャイル開発とは?今さら聞けない開発手法のメリット・デメリット|発注成功のための知識が身に付く【発注ラウンジ】

アジャイル型開発のメリット

アジャイル型開発は機能ごとに開発やテストをおこうため、各機能のテストが終了すれば完成します。短い開発サイクルを複数でおこなっているため開発スピードが早いだけでなく、開発後の改善も機能ごとにおこなうのでスピーディな対応が可能です。

また、開発設計の仕様書をあえて綿密に決めないため開発中でもその都度ユーザーとのコミュニケーションを計りながら、ユーザーニーズに最適な納品物を開発できます。

迅速な開発とユーザーニーズに合わせた開発がアジャイル型開発の強みと言えるでしょう。

デメリット

アジャイル型開発は仕様書をあえて綿密に決めていないため、開発の方向性がブレやすいというのがデメリットです。開発の目的や納品物の使用用途が明確でないと、何が必要な機能で何が必要のない機能なのかの判断が難しくなる可能性があります。

よくあるケースが、ユーザーニーズに応えようとするばかりに、最初の設計から大きく外れてしまい結果的に発注者やユーザーの満足いかない納品物になってしまう場合です。

また、開発計画を綿密に決めないまま機能ごとに完結させる開発なため、開発するエンジニアのスケジュールや機能ごとでの開発の進捗が把握しづらいためのもデメリットとして挙げられます。

アジャイル型開発はスケジュール管理が難しくなるため、納期に間に合うように緻密な作業管理をおこなえるポジションが必要不可欠な開発手法とも言えます。

「アジャイル」は働き方としても普及

「アジャイルな働き方」というのも今後はさらに普及されると予想されるでしょう。

これまではサービスや商品を提供する側がユーザーを選ぶという図式が主流でしたが、現在ではユーザーがサービスや商品を選ぶ図式に変化しています。そのため、ユーザーニーズをいかに満たせるかはサービスを開発・提供するうえで重要な視点です。

IT業界での開発だけでなく、一般企業でもアジャイルな働き方やチーム作りは可能です。迅速な対応やユーザーニーズを取りこぼす体制から、アジャイル型の働き方に変化を起こすことで、社内での働き方改革にも大きく貢献できるでしょう。

アジャイル型の働き方で大切なこと3つ

ユーザーニーズを満たしやすいアジャイルな働き方を実現するためには、以下の3つが大切です。

  • メンバー間の機敏な情報共有
  • 効果測定と施策検討の高速サイクル
  • トップダウンできるリーダーとボトムアップできるチーム作り

スピーディかつ柔軟な商品開発と、サービス提供後も短いスパンで効果測定と改善のサイクルをおこなえる体制には、情報共有と協働を管理できるチームリーダーが必要がです。そしてチームをまとめるリーダーだけでなく、チーム内での共有や協働はメンバー同士も積極的におこなわなければ成り立ちません。

多くの大企業が「情報システム部門」や既存の「IT部門」とは別に、「イノベーション室」などのイノベーションを受け持つ部署を設置しています。

ITの導入に加え、ユーザーニーズを満たしていくためにメンバーの働き方をどうデザインしていくを考える際にアジャイルは有効に活用されるのです。

まさに、アジャイルとは単なる開発手法の言葉ではなく、ビジネスを作る「人の活動」を表す言葉として変化していると言えるでしょう。

参考:「開発手法」だったアジャイルはここまで進化した 経営者のための「DX時代のイノベーション戦略」(第2回)(5/5) | JDIR powered by JBpress

参考:働き方改革 極意は「アジャイル」|日経BizGate 

参考:働き方:アジャイルな働き方とは?:今理解すべき3つの視点

アジャイル開発によるDXの取り組み

アジャイル型開発はDXを促進させるための取り組みにも活用されています。

DXは変化を継続的にすることで柔軟に対応できる体制を作ることです。そのためにはスピーディな変化が求められるのは必然的で欠かすことはできません。

これまでのウォーターフォール型開発だと、変更や不具合の対応はどうしても遅くなってしますため、柔軟でスピーディなアジャイル型はDXに向いている手法です。

ガートナージャパンがおこなった調査によると、約7割の大企業がアジャイル型開発に取り組んでいる、もしくは取り組もうとしているという結果が出ています。

DXによる企業の成功や目的は企業ごとに違うのはもちろん、状況によって変化し続けます。変化し続ける状況に臨機応変に対応できる手法としてアジャイル型開発はDXの推進を進めつつ今後さらに普及していくでしょう。

参考:アジャイル開発が支えるDXの取り組み

まとめ:DXでのアジャイル型開発の丸投げは絶対NG

アジャイル型開発に限定したことではありませんが、DXを進めるうえで経営者の積極的な介入は必要不可欠です。DXは企業の働き方や事業の進め方そのものに変化を起こすものなため、トップダウンとボトムダウンのバランスが大切になります。

大企業などでよく起こるDX促進に失敗するケースが、DXの計画を立てたもののITの開発部署やDXコンサルタントに丸投げされる場合です。意思決定ができる人材がいないとDX計画は進められません。仮に進めたとしても途中で経営者のストップや大きな計画の変更が起きてしまうと計画は失敗に終わる可能性が高いです。

いくら柔軟に対応できるアジャイル型を採用しても、根本が変わるような事態は避けなければいけないでしょう。そのためにも、意思決定のできる経営者とソフトウェアに強い若手メンバーが協働してトライアンドエラーで積み上げていける思考を持てるかが重要なのです。

DXを進めようとしている方は、ぜひ、アジャイル型開発を採用してみて小さな失敗の連続から大きな顧客価値を生み出せるチーム作りから目指していきましょう。

参考:「開発手法」だったアジャイルはここまで進化した 経営者のための「DX時代のイノベーション戦略」(第2回)(4/5) | JDIR powered by JBpress

関連記事

  1. DXを実現するためにはプログラミング知識が必要か?

  2. Withコロナ時代で求められているジョブ型雇用とは?【セミナーレポート…

  3. DXによるヘルプデスク改革とは!?実際の導入事例まとめ

  4. DX時代において人工知能をうまく活用するためには?

  5. タッチポイントとは何か?

  6. DX時代におけるUXのあり方とは?

PAGE TOP